HOME » ミック・リガールのご紹介 » 事業概要

調剤薬局の設立・経営

使用機器のご紹介

電子薬歴システム

電子薬歴システム
患者さまの個々の重要な情報(服薬中の体調の変化、併用薬の有無等)を管理し、迅速で安全なよりよい服薬指導を可能にします。
→全店舗で導入済み

全自動分包機

全自動分包機
コンピュータ管理による自動分包機で薬剤を服用時点ごとに自動的に分包する機械です。
→必要な店舗には全て導入済み

散薬検査システム

散薬監査システム
調剤過誤や秤量ミス、充填ミス等を管理するシステムです。
→処方箋(散薬)の多い店舗では導入済み

自動薬袋発行機(システム)

自動薬袋発行機(システム)
薬剤師の負担を軽減し正確に調剤された薬剤の情報を自動で印刷するシステムです。
→全店舗で導入済み

水剤定量分注機

水剤定量分注機
薬局での水剤業務を衛正的に正確にかつスピーディに行い、患者様をお待たせすることも少なく薬剤師の負担も軽減します。

クリーンベンチ(バイオ用テーブルトップ型)

クリーンベンチ(バイオ用テーブルトップ型)
点眼薬を小分けする際に空気中や周囲のちりが付着しないように調剤して患者様に安心して点眼して頂ける為に使用します。